失敗例に学ぶ不動産売却の落とし穴|横浜市・戸塚での不動産売却ならお任せ下さい。

損をしない売却方法 失敗例に学ぶ不動産売却の落とし穴

不動産売却の失敗談

あの時売っていれば…

「急いでいないので」と相場価格よりも高めの6,500万円で売却を希望していたAさん。不動産会社の人から「この価格では難しいですよ」と言われても、思い入れのある家だからと価格を下げることはありませんでした。

不動産会社に売却を依頼してから3ヶ月後には6,000万円で買いたいという人が見つかったのですが、「希望価格以下の価格ではお売りできません」と、その申し出を断ったそうです。しかし2年が経っても6,500万円で買いたいという人は現われませんでした。

このまま売りに出していても各種税金負担や減価償却、地価下落などで家計が圧迫されるだけと判断したAさん。最終的には希望価格を1,300万円も下回る5,200万円で売却したそうです。かかった年月は2年と6ヶ月でした。「あの時6,000万円で売っておけば…」とはAさんの言葉です。

あの時売っていれば…


売却期間を長くとると高く売れる?時期の見誤りは危険です!

不動産の売却期間を長くとるとその期間に比例して買主も見つけやすくなりますが、「売却期間を長くとる=高く売れる」ということにはなりません。適正価格よりも高い価格で売却を考える際には、この点を十分に理解するようにしましょう。

   無料査定依頼は こちら »



査定価格に目がくらんで…

Bさんは自宅を売却するため、いくつかの不動産会社に自宅の査定を依頼しました。出された査定価格は軒並み5,000万円前後であるのに対して、a社だけは6,300万円という査定結果でした。

a社の営業マンに価格の理由を聞いてみると、「この土地はこれから値上がりするから」とのこと。先を見通す目があるとa社の営業マンを気に入ったBさんは、さっそく「専属専任媒介契約」を結びました。

結果を見てみると、Bさんのこの選択は過ちだったと言えるでしょう。なぜなら最終的な売却価格は4,200万円で、成約したのも不動産会社への依頼からは1年も経っていたのです。最初は査定価格の6,300万円で買主を探していたのですが、なかなか購入希望者は見つかりません。そしてa社の営業マンは、あれこれと言い訳をつけて売却価格を下げていったのです。それもそのはずです。Bさんの物件の相場価格は他の不動産会社が出していたように5,000万円前後だったのですから。

あとから考えてみると、a社の営業マンは「専属専任媒介」が欲しかったために相場価格を上回る査定額を出したのだということに気づきました。今でもBさんは「査定額に目がくらんだ自分が許せない」と後悔しています。

査定価格に目がくらんで…


「査定額が高い=信頼できる会社」というわけではない?

もちろん高く売れるに越したことはありませんが、相場価格を大きく上回る査定額を出してくる不動産会社には要注意!
しっかりとその理由を聞いてみましょう。納得のいかない理由や不明確な根拠を基に出された査定額であれば、その会社との契約は考え直した方が無難です。

オープンルームは横浜・戸塚の地元に根差した不動産会社です!

精度の高い適正価格の提示と+αの営業力でお客様より多くの喜びの声を頂きました。
損をしない売却時期・期間についてのご相談なども専門家の目線でアドバイス致します。
まずは現在の価格を知る事も大事です!

無料査定依頼は こちら »


建物の種類が「寄宿舎」で…

元々は社宅だった物件をリフォームして賃貸マンションとして使用していたCさん。諸々の事情で売却することにしたのですが、「この物件の購入には住宅ローンが使用できないから売却は難しい」と不動産会社に言われました。「そんなはずは無い!」とすぐにカッと頭にきたCさんは詳しい説明も聞かずに別の不動産会社へと向かいました。しかしそこでも同じことを言われ…。

今度は「なぜ住宅ローンを使用できないのか?」ということをCさんは聞きました。すると、建物の種類が「寄宿舎」になっていたのです。寄宿舎では住宅ローンを使用して購入することはできません。それからCさんは不動産会社と相談して、建物の種類を「寄宿舎」から「共同住宅」に変更しました。その後は買主もスムーズに見つかり、不動産も希望価格で売却できたそうです。

建物の種類が「寄宿舎」で…


売却の前には「建物の種類」を確認しよう

不動産を購入する場合は住宅ローンを利用するのが一般的です。しかしなかには「寄宿舎」のように、住宅ローンを利用できない建物の種類もあります。もしそのような建物の種類に該当する場合は、一度不動産会社に相談しにいきましょう。

また「地目」に関しても同じことが言えます。現状はマンションとして使用している不動産でも、地目が以前のまま「雑種地」や「山林」になっている場合だと、その不動産を住宅ローンを利用して購入することはできません。このような場合も不動産会社へ相談されることをお勧めします。

   無料査定依頼は こちら »



ネームバリューに負けて…

大手だからすぐに売却できるだろうと、某有名不動産会社と「専属専任媒介契約」を結んだDさん。希望価格は相場価格の4,500万円で、売却期間は半年を希望していました。「半年もあれば大丈夫です」と担当の営業マンに言われてすっかり安心したDさんですが、希望売却期間の半分である3ヶ月が過ぎても買主が見つかる気配もありません。

その理由を聞いて判明したことが、実は営業活動は新入社員の後輩に任せっきりにしていたという事実です。教育のためとは言え、何も分からない新入社員に一任していては買主が見つからないのも頷けます。

このことに強い不快感を覚えたDさんは、契約を破棄して別の不動産会社に依頼しました。結果Dさんは、この不動産会社に依頼してから4ヶ月後に希望価格の4,500万円で売却することに成功しました。「今度はネームバリューに惑わされず、不動産会社自体の力量を見抜こうと考えたのが正解だった」とDさんは語ります。

ネームバリューに負けて…


しっかりとした不動産会社を

Dさんのように、ネームバリューだけで不動産会社を選んでしまうのはリスキーなことです。査定額を出してもらったり、実績をみたり、実際に担当の営業マンと話をしてみたりして、自分が信頼できると思った不動産会社を選びましょう。また不動産会社の選び方については「業者の選び方」を参照してください。



お問い合わせ・査定依頼はこちらからどうぞ!

pegetop




Copyright © 不動産売却【横浜・戸塚】 All Rights Reserved.