競売よりも有利に進められる任意売却について|横浜市・戸塚での不動産売却ならお任せ下さい。

競売よりも有利に進められる任意売却について

競売よりも有利な条件で進められる!
知っておきたい任意売却について

「住宅ローンの返済が難しい……」
「もう競売で家を手放してしまおう……」

融資の返済が難しく、不動産の売却をお考えの皆様へ。競売よりも、有利に話を進められる任意売却についてご存じですか? 任意売却とは、住宅ローンなどの融資を受けている方と各金融機関との合意に基づいて、融資の返済が困難になった不動産を処分する手続きのこと。競売と比較すると、以下のようにたくさんのメリットがあります。

任意売却と競売の比較

  任意売却 競売
売却価格 相場価格に近い価格で売却可能となるため、より多額の返済が可能です。 室内を見ずに入札されることも手伝い、相場価格の6~8割程度で落札されることが多く、残債も多くなりがち。
プライバシー 一般的な不動産売却と同じ販売手法となるため、誰にも事情を知られることなく手続きを進められます。 入札時期が近づくと裁判所にて物件情報が公開。インターネットや新聞などにも掲載されるため、誰かに事情が知られるおそれがあります。
転居 引っ越しにかかる費用や期日などについても交渉次第で都合をつけることができます。 早急な転居が求められたり、強制退去となってしまうおそれもあります。
残債 債権者との話し合いが可能で、残債の返済においても常識的な範囲内で行えます。 競売落札後、残債が確定した時点で一括請求や給与差し押さえなどの可能性もあります。

大切なのはあなたの意思です

任意売却はその名前が示す通り、競売のように強制的な手続きではありません。あくまでもあなたの意思に基づいて行われるものです。「現実的に返済が難しい」という場合は、どうぞ任意売却を検討してみてください。そのまま何もせずにいて返済が滞ってしまうと、遠くない将来で競売となってしまいます。競売となるその前に、有利な条件で進められる任意売却を選択しませんか? 大切なのは、「未来を守りたい」というあなたの意思です。

競売の開始前日までなら間に合います!

競売の申し立てがなされていても、まだ間に合います! 競売の開始前日までなら、任意売却に変更できるのです。任意売却に変更したいという方は、どうぞお早めにご相談ください。
※多くのケースで競売の開始前日までなら任意売却に変更できますが、債権者により「競売の開始前日」ではなくより早い段階の変更のみしか対応しない場合もあります。

任意売却の流れ

STEP1 お問い合わせ
現状をお伺いし、できるだけご要望を優先できるようご提案します。
STEP2 媒介契約の締結
当社のご提案内容にご納得いただけましたら、媒介契約を結びます。この契約を結ぶことで、所有者様の代理人として各種調査や債権者との交渉が行えるようになります。
STEP3 査定
相場価格や各種事例をふまえ、不動産価格を査定します。
STEP4 債権者との交渉
債権者と交渉し、任意売却の同意を得ます。
STEP5 販売活動開始
所有者様と協力しながら、販売活動を開始します。
STEP6 売買契約の締結
購入希望者が決まりましたら、売買契約を締結します。
STEP7 お引っ越し
お引き渡しのため、転居していただきます。
STEP8 任意売却の成立
所有権の移転、抵当権の抹消、差し押さえの取り下げなどを行います。

お問い合わせ・査定依頼はこちらからどうぞ!

pegetop




Copyright © 不動産売却【横浜・戸塚】 All Rights Reserved.